読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墓参りツーリング2017~春なのに(後篇)

2017年の墓参りツーリングはたいしたイベントもなく、書くこともないと思っていたが、故郷・会津坂下町の様子を書いたらそれなりのボリュームになってしまった。 toshueno.hatenablog.com 最後の項では、日本海までの道中での出来事と「まとめ」について綴る…

墓参りツーリング2017~春なのに(中篇)

今年、2017年の「墓参りツーリング」の中篇。墓参りの様子と会津坂下町の思い出スポット紹介について綴る。

墓参りツーリング2017~春なのに(前篇)

長い長い、クッソ長い冬がようやく終わったと思ったら、2週続けての週末グズつき空模様。「今週こそは」の思いも虚しく、土日の予報はまた「曇り→雨」。 やむを得ず4月14日に有休を取って、毎年恒例の「墓参りツーリング」に出かけた。

彼岸渋滞に巻き込まれながら犬吠埼を目指す~銚子ツーリング

今回のツーリングは、タイトルだけでほぼ完結している。つまり、それほどまでにネタがない。ただ、それでも何とか工夫して記事にするのが、このブログの目指すところなのだ。

波勝崎で猿を見て人間の愚かさを嘆く:後篇

2017年2月18日土曜日、一大観光地「波勝崎」訪問記の後篇。猿の生態と人間の愚かさについて、さらに長井崎に関して知った新事実についても書く。

波勝崎で猿を見て人間の愚かさを嘆く:前篇

2017年2月18日土曜日、また飽きもせず愛車・ブルバードM109Rで伊豆半島沿岸部を一周してきた。今回はいつものようにただ走り続けただけでなく、一大観光地「波勝崎」で野性の猿を観察してきた。

2017年立春・伊豆半島ぐるり一周の旅

2017年2月4日(土)、伊豆半島沿岸部の天気予報は終日「晴れ」、風速は「1~2m/s」。まさに「立春」を絵に描いたような予報であった。

岩手リアス式ツーリング2016:2日目 (後篇)

10月21日に岩手県沿岸部を旅した記録の後篇。観光地巡りと、極寒の中を凍えながら一気に帰った、そんなヨモヤマ話。

岩手リアス式ツーリング2016:2日目 (前篇)

岩手県沿岸部を愛車・M109Rで旅した記録の2日目。元々は二泊するつもりで旅に出たのだが、あまりの寒さに萎えて一泊で帰ったので、これが最終日。

岩手リアス式ツーリング2016:1日目

2016年10月20日から22日の深夜、一泊三日で岩手までツーリングに行ってきた。帰り道のあまりの寒さに幾度となく心が折れかけたが、何とか無事に帰ってくることができた。

秋田なまはげツーリング2016:3日目 (後篇)

またしても長くなってしまったツーリング記録「秋田なまはげツーリング2016」の連載も、ようやく最終回。それにしてもこう悪天候が続くと、ツーリングのときの青空ばかりの写真が、遠い日のことのように思えてくる。

秋田なまはげツーリング2016:3日目 (前篇)

9月に入ってから、ずっとどんよりした天気が続いている。秋の長雨+台風コンボが始まる前に、思い切って有休を取って旅に出てよかった。 そんなちょうど2週間前、秋田県を中心したツーリング最終日のあれこれを振り返る。

秋田なまはげツーリング2016:2日目 (後篇)

もう既に9月も、半分を過ぎてしまった。早いわ。もう半分過ぎてしまったけれど、唯一のリアル読者であるかみさんに「もう飽きた」と言われてしまったけれど、今月始めに行ったツーリングの思い出を、懲りずに振り返る。

秋田なまはげツーリング2016:2日目 (中篇)

「秋田なまはげツーリング」というキャッチーなタイトルにもかかわらず、2日目・中篇にして、ようやく「なまはげ」について書くことができる。それほど、「なまはげの棲処=男鹿半島」への道のりは遠かった。

秋田なまはげツーリング2016:2日目 (前篇)

やっと2日目を書き始める。 去年のゴールデンウィークの「お泊まりツーリング」では、4日分の記事を一週間ですべて書き終えていた。

秋田なまはげツーリング2016:1日目 (後篇)

ひさしぶりのお泊まりツーリングから、はや1週間が過ぎてしまった。 ブログはまだ、初日までしか書けていない。Googleローカルガイドのためにせっかく撮った写真も、半分ほどしかアップできていない。

秋田なまはげツーリング2016:1日目 (前篇)

1日目は「移動日」なので、たいしたトピックはない。 ま、いつものツーリングと大差なく、基本的にはひたすら海岸線を走り続けていただけなので、3日間を通じてそれほどの話題はないのだが、ないなりに記事を書くのが、このブログの流儀である。

秋田なまはげツーリング2016:前フリ篇

かけがえのない40代最後の8月に陥った「週末引きコモり状態」からようやく脱して、秋田県を中心に2泊3日でツーリングしてきた。 今回は、2016年最初のお泊りツーリング先を秋田にした経緯等について書く。

福島県浜通りツーリング:2016年4月16日:後篇

国道6号線に再び戻って、北上を続ける。相変わらず続く「二輪通行禁止」の電光掲示板は無視して、行けるところまで行くのだ。

福島県浜通りツーリング:2016年4月16日:中篇

塩屋埼灯台で出発の準備をしていると、1台の大型観光バスがやって来て老若男女さまざまな人達が一斉に駐車場に降りたち、閑散としていた周囲が一気に賑わった。

福島県浜通りツーリング:2016年4月16日:前篇

「福島県浜通り地方」と聞いて今日日すぐに連想するのは、悲しいかな、「被災地」そして「避難指示区域」という言葉である。 でも会津地方出身の私にとって、ガキの頃の浜通り地方は「海に恵まれた温暖な地域」というイメージであった。

会津墓参りツーリング:2016年4月9日:後篇

「会津墓参りツーリング」の後篇。行き先は見事なまでに昨年と同じなのだが、やったことや感じたことは当然異なる。

会津墓参りツーリング:2016年4月9日:前篇

というワケで、毎年春恒例の「会津墓参りツーリング」である。 気温が上がって、“ご老体”にムリなく遠出できるようになってからの最初のロング・ツーリング先は、「会津への墓参り」と決めているのである。

紀元節・宮ヶ瀬ダムツーリング

もう二日も前のことになってしまったが、紀元節の祝祭日(2016年2月11日)に宮ヶ瀬ダムに行ってきた。

「伊豆半島一周」という、修行の旅に出た

「ツーリング」とタイトルに入れると、どこか楽しげな響きがあるので、あえて「旅」とした。しかも、今回は圧倒的に「苦>楽」だったので、「修行の旅」とした。 少々大げさではあるが・・・

2015年、ツーリングで見たこと・感じたこと

どうも、「オートバイ/クルマでのツーリングを主とした」などと謳いながら、今年は片手で余るほどしかツーリングに行かなかった者です。

ツーリング:磐梯吾妻レークライン

磐梯吾妻スカイラインの項は終わって、今回は、同じ日(2015年11月6日)に行った「磐梯吾妻レークライン」の話。

ツーリング:磐梯吾妻スカイライン(2)

2015年11月6日に日帰りで行った、磐梯吾妻スカイラインへのツーリングのつづき。 浄土平を後にしてから、 磐梯吾妻スカイラインの終点までの行程を書く。

ツーリング:磐梯吾妻スカイライン(1)

突然思い立って訪れたのは、稀代のツーリング雑誌「BikeJIN」2015年11月号で、最大級の賛辞で称えられている「磐梯吾妻スカイライン」である。

久しぶりにオートバイでツーリングに行った:前フリ篇

もういい加減、どこかツーリングに行かないと、冬になってしまう。 このまま、ろくに乗らないまま一年を終えると、オートバイを降りてしまいそうな気もする。

高野町に行こう

つい先日、齢48にしてようやく初めて和歌山県に行った私であるが、今日(2015/10/23)の日経朝刊のコラム「春秋」を読んで、また旅情をかき立てられた。

三重~和歌山ツーリング:3日目(10/12)+まとめ

10月の三連休に行った「三重~和歌山ツーリング」の、ようやく3日目・最終日の話。

三重~和歌山ツーリング:2日目(10/11):4

ずっとこのタイトルで書き続けてきて、ちょうどもう一週間前の話になりますが、多少のお役立ち情報も織り込みながら書きますので、どうかお許しを。

三重~和歌山ツーリング:2日目(10/11):3

かれこれ一週間以上この話題を書き続けていますが、もう飽きましたでしょうか。そうですか。

三重~和歌山ツーリング:2日目(10/11):2

昨日は、時間的に「三重~和歌山ツーリング」2日目の「朝」までしか書けなかった。ツーリングに行った先のことを思い出すと、あれやこれやと、いろいろ書きたくなってしまう。

三重~和歌山ツーリング:2日目(10/11):1

帰宅してから既に3日が経ち、旅の高揚感もすっかり薄れてしまったが、ヘコタレずに2日目のことを書く。

三重~和歌山ツーリング:1日目(10/10):2

昨日のつづきで、齢48にして、この国最大の半島・紀伊半島に降り立ってからの話。

三重~和歌山ツーリング:1日目(10/10):1

今年のゴールデンウィークに行ったツーリングのとき、旅先で書いた記事に「速報版」と銘打ったのは、「オートバイによるキャンプツーリング」だったからである。

三重~和歌山ツーリング速報版:3日目:事故渋滞はホント勘弁

「朝6時にはホテルを出て、15時頃には自宅にたどり着こう」なんて思ってましたが・・・

三重~和歌山ツーリング速報版:2日目

今日・2015年10月11日は、紀伊半島の”下の方”の海岸沿いをグルッと廻りました。

三重~和歌山ツーリング速報版:1日目

どうも、川崎から三重までツーリングするのに、深夜2時半までブログを書いていた者です。 ガンバって書いたわりに、内容がいまいちでワレながら悲しくなりました。 やっぱり凡人は凡人らしく、リアルタイムなコムズカしい話は避けるべきでした・・・というか…

紀伊半島に行こう(クルマで)

どうも、「オートバイ/クルマでのツーリングを主とした」ブログと謳っておきながら、かれこれ5ヶ月近くツーリングに行っていない者です。

「ディスカバー・ジャパン」と「モーレツからビューティフルへ」

富士ゼロックス取締役会長などを歴任された小林陽太郎氏がお亡くなりになったことを受けて、2015年9月9日の日経新聞朝刊「春秋」は、氏が関わった「モーレツからビューティフルへ」の広告キャンペーンと、それを企画した藤岡和賀夫氏のもうひとつの仕事「デ…

長崎「願いのゾーン」のモニュメントたち

3日つづけて”ヒロシマ”について書いたので、今日この日(2015年8月9日)、”ナガサキ”について書かないわけにもいきません。 かといって、そのための知識も資料も準備もアイデアもありません。 一昨年のゴールデンウィークに長崎に行ったとき、平和公園にたくさ…

山陰(裏日本)に行こう

先日「海の日」の日経朝刊に、「山陰(裏日本)マスター」の私にとって興味深い記事が載った。

ツーリング:2013/11/02:山形県遊佐町(帰り)

目が覚めたら、午前4時を過ぎていた。 いや、それまで何度となく目は覚めていたのだが、この時は「ああもう寝られねえな」と思った。結構長い時間眠ったような気がした。