「第93回箱根駅伝」を見た

関東ローカルの、しかもごく一部の大学限定の大会なのに、なぜか日本の正月の風物詩となって久しい「箱根駅伝」。今年 (2017年) は、今までとはまったく違ったカタチで“観戦”した。

川崎ラプソディ (5):さよなら、川崎

「あっ!」という間に、5月も5日の朝になってしまった。私のようにトシを取ると、誰でも時間の流れが速くなると思うが、環境が変わるとその加速度が増すようだ。

川崎ラプソディ (4):いつものより道もどり道

昨日 (2016年4月28日) は「明後日引越なんで」という口実をつかって早退した。新川崎駅から徒歩で帰宅するのはもうこれが最後なので、写真を撮りながら、のんびり帰り道を歩いた。

川崎ラプソディ (3):変わったこと、変わらないこと

長年住み続けた川崎での日々も、いよいよ今週が最後になってしまった。「川崎ラプソディ」第3回目は、現在住んでいる賃貸マンションとは今週でオサラバするので、その場所を晒しつつ、周辺の「変わったこと、変わらないこと」について書く。

川崎ラプソディ (2):身近で起きた犯罪をふり返る

「思い出も交えながら、残り少ない川崎での日々を語る」2回目。 今回は、自分に降りかかった災難も含めて、身近で起きた川崎の犯罪について書く。

川崎ラプソディ (1):ラゾーナ川崎と場末の飲み屋街と

住宅ローンの本審査も無事パスして、15年と8ヶ月もの長きに渡って住み続けた川崎を離れることになった。

「第92回箱根駅伝」を見に行った

川崎に引っ越してきてから迎えた16回目の正月、「箱根駅伝」を初めて見に行った。

ザ・シネコン「TOHOシネマズ 川崎」に驚く

引きこもりのブログネタに限界を感じたので、前日の伊豆半島一周で自然の厳しさを満喫したあとは、街に出て「シネマコンプレックス」とやらに行ってきた。

Yokohama City of Lights

かみさんが「横浜でクリスマス・パーティーやってるから迎えに来い」と言うので、恐妻家よろしく仕事をとっとと切り上げ、数年ぶりに横浜の夜にクルマを走らせた。 この辺りの夜景は、恐ろしく気合いの入ったキレイな写真がネット上にいくらでもあるので、ク…

酔いどれて真っ昼間の川崎をぶらつく

約5ヶ月ぶりに、休日・昼間のラゾーナ川崎プラザに来た。 拙宅から徒歩約20分。近くて、遙かに遠い商業施設である。

今年も川崎でハロウィーンがありました

「ハロウィーン」という言葉を聞くと、不世出のソングライター・ユーミンによる「りんごのにおいと風の国」という佳曲を、まず私は思い出す。

ツーリング:2015/08/22:東京周遊

夏のツーリングと言えば、「朝早いうちに高速道路に乗って田舎に向かい、都会よりはいくらか涼しいその土地の、海や山の風景を満喫しながら走る」のが定番なのだが、そもそも金曜夜の帰宅が23時45分では、朝早く起きられない。

8月15日、平和を祈る花火

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2015夏」 ネタも気力も時間もないので、一時は”オクライリ”にした先週土曜日の花火でお茶を濁す。 って言っても、安物のコンデジでまともに「花火だけ」が写せたのは、 この2枚ぐらいで、 あとはデカいマン…

南武線の踏切は、いったいいつなくなるのか

私の住んでいる川崎市には、「南武線」という川崎市民のためのローカル線がある。

「三井アウトレットパーク」とやらに初めて行った

最近かみさんが「どこかに連れてけ連れてけ」とテケテケうるさいので、黙らせるために、しかたなくクルマで出かけることにした。

今さらながら川崎の工場夜景を語る:お手軽篇

かつて公害の街と言われた川崎だが、今いちばん有名なのは川崎港の工場地帯が作り出す美しい夜景だろう。