読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢千代日記

昔の思い出のドラマを懐かしさだけで見ると、たいがいつまんない思いをする。

いろんなモノを見てきて、目が肥えてるからだろうか。

 

でも、極めて数は少ないが、今見ても楽しめるドラマがある。

「夢千代日記」もそのひとつだ。

夢千代日記-全集- [DVD]

夢千代日記-全集- [DVD]

 

 

吉永小百合

オレは「(世代的に)最後のサユリスト」を自認している。

ガキ(中一)の時、この人の美しい顔、日本女性の顔としての”完璧なバランス”を見て、衝撃を受けた。

小百合さんは、この頃35歳ぐらいか。13のガキからしたら、じゅうぶんおばちゃんだ。でも、下敷き(つーか”クリアケース”ね)に、カルピスの雑誌広告を切り取って入れてた。

 

小百合さんは、婆さんになった今でもじゅうぶんキレイだけど、この頃が一番キレイだった。

 

裏日本

このドラマは「”裏日本”の哀しさ」を描いている。

会津に生まれ育ったオレには、「冬の鉛色の空」とか、「いつも晴れている表日本に行けば・・・」 とかの、このドラマのプロットが身に染みてわかる。

ママス&パパスの「カリフォルニア・ドリーミング」的な、プロットが。


The Mamas & The Papas: California Dreamin ...

要は、終始徹底して、沈鬱で、重くて、暗い。

 

中条静夫

このドラマでは、中条静夫さんがいい味出してる。

これ以前の中条さんの芝居は記憶にないから確かなことは言えないが、「あぶない刑事」での近藤課長役の芝居は、このドラマが原点なんじゃないかな?

Wikipediaによると、中条さんのお棺には、”本人が最も好きだった”夢千代日記の台本が収められたという。ステキな話だ。

全然関係ないけど、死んだオヤジがずっとリッカーに勤めてて、会社のパーティかなんかで、CMにずっと出てた中条さんと並んで撮った写真を自慢気に見せてくれた、その時のオヤジのうれしそうな顔が、今でも思い出される。

 

まあとにかく、亡くなっても、ずっと映像が残り、人々の心に生き続ける。

役者って、本当に幸せな商売だね。

 

再び吉永小百合

「昭和が明るかった頃/関川夏央」で、代表作がない等、結構辛辣な書かれようの小百合さんだが(もちろん、関川さんの言い分にも納得せざるを得ない面はある)、画面に映し出される、徹頭徹尾圧倒的な美しさと、徹底した陰鬱さの表現(そもそも、芸者が客の前で踊ってる時に倒れすぎw)において、このドラマは小百合さんの立派な代表作であると思う。

昭和が明るかった頃 (文春文庫)

昭和が明るかった頃 (文春文庫)