読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ああ阪神タイガース

オレはかれこれ40年近くの阪神タイガースファンである。

f:id:ToshUeno:20080518132154j:plain

近年はそれほど熱心なファンではないが、今回の日本シリーズはボロ負けした第3戦以外はほぼ見た(仕事がヒマだったので)。

 

昨日(2014/10/30)の試合の最後は、一瞬狂喜したが、あっけない幕切れで面食らった。

オレの喜びを返してくれよ・・・

最後の場面は誤審だとは全く思わないが、そもそも野球のああいうルール(守備妨害)は微妙過ぎて、緊迫した場面ほど間が抜けた感じがするのはいかがなものだろうか。

ベースに向かって”真っ直ぐ走って” ”妨害”にされるんじゃ、選手もやりきれないだろう。

 

本シリーズは結局最初の1勝だけだったが、ボロ負けした試合以外は、緊迫した場面も多く、かなり楽しめた。

特に昨日の第5戦。メッセンジャー投手は、ガイジンなのに130球以上も投げ、最後まで気合いの入ったピッチング、ホントに見事だった。生(テレビの”生”中継ね)では見られなかったけど、大和選手の超ファインプレー、まさに「これぞプロ野球」のワザで、すばらしかった。

打撃陣は見るべき所がなかったが、相手のバッテリー(特に細川捕手)が良かったんだろう。しかたない。

 

それにしても、さすがは阪神タイガース。

第2戦の甲子園で競り負けた時、「もうダメかもな」とは思ったが、 案の定だった。第1戦の様子から、まさか「1勝しかできない」とは思わなかったけど。

「ここ一番で勝ちきれない」「相手側に渡した流れを引き戻すことができない」のは、長年どこかに染みついた伝統なんだろう。

まあ今シーズンの場合は讀賣に「7ゲーム」も離されての2位なんだから、「日本一」だなんて、おこがましいにも程があるってもんだが。

 

何はともあれ、選手はじめスタッフ・関係者の皆さま、今シーズンもお疲れさまでした。

来年こそは、どうかきちんと1位になって、日本シリーズに勝ち上がってください。