コナカの仕事ぶりに落胆する(1)

コナカ・オンラインショップ

過去のメールを確認したら、2012年2月を皮切りに、だいたい「半年に1回」のペースでスーツまたは夏用スラックスを買い続けてきた。

今回が8回目の注文。じゅうぶん”お得意様”である。

ま、スーツは7,000円(!)~15,000円、スラックスは3,000円程度の超安モンしか買ってないんだけど(笑)。 

注文後、異常に早く発送される

今まで、スーツの場合は「受注の3~4日後」に発送されていたのだが、今回は受注当日中に発送メールが届いた。

受注メール

日付: 2015年3月31日 13:11
件名: 【楽天コナカ オンラインショップより】ご注文ありがとうございました

発送メール 

日付: 2015年3月31日 19:52
件名: 【楽天コナカ オンラインショップより】ご注文商品発送のお知らせ

Tシャツではない。スーツである。「加工」が必要なはずである。

 滑り止め (suberidome)

 価格  756(円) × 1(個) = 756(円)
--------------------------------------------------
 裾直し (susonaoshi)
 スソ直しご希望の股下サイズ:xxcmスソ直し:シングル
 価格  453(円) × 1(個) = 453(円)

この時点では、「劇的にシステムが改善されて、ソッコーで加工できるようになったのかなぁ」なんてノンキに思ってた。

んなわきゃないのに。

しわくちゃのスーツが届く

ハコを開けた瞬間、「グルーポンのおせち」を連想してしまった。f:id:ToshUeno:20150404133951j:plainちなみにこの写真は、一旦ハコから出した後で撮影のために整えた状態のモノ。実際はもっとヒドイ状態で梱包されていた。

ま、5万歩ゆずって、”しわくちゃ”はいいとして。

「滑り止め」付いてねえし。756号本塁打世界新記録、じゃなくて756円払ってるし。f:id:ToshUeno:20150406222637j:plain

ソッコー、返品・返金依頼のメールを出した。 

単なるミスか、わざと送ったのか

もし、単なる「発送ミス」なら、まだ許せる。
だが、スーツのサイズも、(この記事を書くためにズボンも履いてみたが)股下サイズもピッタリだった。

ということは、返品されたかなんかでたまたま”手元”にあった”しわくちゃ”のスーツを「これ、ちょうどいいじゃん」と安易に考えて送ったとしか思えない。

ひっでえなあ・・・

こういったことが組織全体でマカリとおっているのか、現場の担当者であるイチ個人の判断なのかは知る由もないが、「すき家」の例でもわかるとおり、テキトーなことをやっていると必ず足元をすくわれるのだ。

そういうことを肝に銘じて欲しい。たとえ安モンのスーツでも、「ディスプレイの向こう側に客がいる」ということを忘れないで欲しい。

まあそれは、 私自身に対しても言い聞かせるべきことなのだが。

(つづく)