GWツーリング2015:裏日本の海沿いを行く:3日目(2015/05/02)(3)

今週のお題「ゴールデンウィーク2015」

GWツーリングの3日目。一昨日の「朝の部」、昨日の「昼の部」につづいて、今日は「夜の部」。主に「須佐湾エコロジーキャンプ場」での話。 

 

須佐湾エコロジーキャンプ場

島根県益田市から山口県に入った辺りで、いつもどおりにPND(Panasonic CN-MC02L)の検索メニューにある「周辺施設」-「キャンプ場」でキャンプ場を探す。
1件だけ、「須佐湾エコロジーキャンプ場」というキャンプ場がヒットした。
f:id:ToshUeno:20150502174444j:plain
なにゆえ「エコロジー」と冠しているのかは不明だが、距離も5kmちょっとと近いので、あれこれ悩まず向かうことにする・・・というか、もう日没も近い。悩んでいるヒマはない。

 

ファミリーキャンパーだらけ

私にしてはめずらしく、一切迷わずに辿り着いた「須佐湾エコロジーキャンプ場」は、ぱっと見ほぼ100%、家族連れで賑わっていた。

うーん・・・またここもうるさいのか・・・・

だが、コテージからもファミリーキャンパーの巨大テントからも、聞こえてくるのは子供達の声ばかり。子供の声は、それほど気にならない。なぜなら、子供はうるさくて当たり前だから。そりゃあ家族でキャンプになんか来たら、うれしくてしょうがなくて、はしゃいでしまうだろう。

しかも、マリンパーク多古鼻と違って、コテージとキャンプサイトがいい感じに隔離されている。
f:id:ToshUeno:20150502181806j:plain

キャンプサイトも二層になっていて、上層の方はかなりのスペースが空いている。
f:id:ToshUeno:20150502181818j:plain
(※ホームページを確認したら、ここはキャンプサイトってより「展望園地」という多目的広場だった)

下層のキャンプサイトはファミリーキャンパーの皆さんで賑わっていたが、上層とはだいぶ標高差がある。f:id:ToshUeno:20150502181837j:plain
よし、ここに泊まろう。というわけで、管理棟に向かう。

 

おばちゃん三人衆

管理棟には、3人のおばちゃんがいた。

  1. ボス的なおばちゃん
  2. メインワーカーなおばちゃん
  3. 愛想担当のおばちゃん

ボスは、受付や会計等の重要業務をこなしながら、愛想担当に指示を出していた。
メインワーカーは、大きなタライを洗ったり等の肉体労働をテキパキこなしていた。
愛想担当は、ボスの指示をなかなかこなせず、 ウロウロしていた。

が、この愛想担当のおばちゃんの笑顔や仕草がとってもかわいくて、なんとも微笑ましかった。このおばちゃんに接しているだけで、ほっこりした気分になったのだ。

ちなみに、テント1張りの宿泊料金は1,030円(※ゴミ袋が必要な場合は+50円)。まあ高いっちゃ高いんだが、前日のキャンプ場がもっと高かったので、あまり気にならなかった。

 

今夜の宿は最高のロケーションで

「バイクで来てるんだったら、サイトにバイク持ってきたいですよね?」
なんともありがたいことを突然ボスが言い出す。

「え!?いいんですか!? はい、持ってきたいです!」

「(展望園地の)奥まではダメですけど、(入口近くの)時計台の下辺りだったらいいですよ、○○さん、場所教えてあげて」
ボスが愛想担当に指示を出す。愛想担当のおばちゃんが、時計台の場所や、トイレ・コインシャワーがある「サニタリー棟」について、親切丁寧に教えてくれた。

というわけで、時計台の下の超一等地を陣取り、明るいうちに今夜の宿を作り上げる。

「寝室」と(写真には少ししか写っていないが)テーブル+ベンチを置いた「リビング」、そして「ガレージ」。しかも、「最上階」かつ「角部屋」。
f:id:ToshUeno:20150502183921j:plain
すばらしい。これほどのロケーションは、なかなかないだろう。

すっかり気分が良くなって、落ちてゆく太陽をしばし眺める。
f:id:ToshUeno:20150502181741j:plain
曇っていてそれほどキレイじゃないが、ぜんぜん気にならない。

 

温泉に行こう

宿は整ったので、今度は風呂だ。PNDの検索メニュー「周辺施設」-「銭湯/温泉/スパ」で風呂を探す。 「田万川温泉 憩いの湯」がヒットする。

PNDが示す「田万川(たまがわ)温泉」までの距離は、約11km。フツーなら「遠いよ」と思う距離だろうが、私は気にならない。

なぜなら、テントを張り終えて身軽になった後、陽が落ち、暗くなりかけて濃淡さまざまなグレーに染まった田舎の道を、のんびり流すのが好きだからである。毎日、こういう生活をしたいとさえ思う。

そんなシアワセを感じつつ、「田万川温泉」に辿り着く。なかなか立派な建物だ。
f:id:ToshUeno:20150502191946j:plain

休憩所はもちろん、地元の特産品売り場もある(▼風呂上がりの19:45には既に店じまいしていた)。
f:id:ToshUeno:20150502194754j:plain
温泉は浴槽も広く、露天風呂もあってなかなか快適だった。10箇所ほどある洗い場がいっぱいになるほどには混んでいたが、地元の人には人気の施設なのだろう。

ちなみに、すぐ近く(歩いて行ける距離)にキャンプ場(田万川キャンプ場)もある。なぜか私のPNDの「周辺施設」検索ではヒットしなかった。

 

おうちに帰ろう

温泉から我が家に戻る帰り道。

真っ暗な夜空。そこに描かれた山の稜線。夜空よりも暗く沈む山の漆黒。様々なに囲まれ、包まれながら、オートバイのライトだけを頼りに闇の中を進む。このシチュエーションもまた、キャンプ泊の醍醐味である。

さて、メシにしようか。
f:id:ToshUeno:20150502204349j:plain

つっても、メインディッシュはカップ麺だけど(笑)。実戦初投入の「ジェットボイルZIP」でお湯を沸かす。
f:id:ToshUeno:20150502205521j:plain
500mlの水が、3分で熱湯になる。早い(速い)。
f:id:ToshUeno:20150502205830j:plain
まあこの程度の感動は、真のキャンパーの皆さんにとってはまさに「ヘソが茶を沸かす」レベルなんだろうが、「なんちゃってキャンパー」にとってはすごく新鮮なのである。

 

須佐湾エコロジーキャンプ場_施設紹介

トイレ(※当日夜は撮り忘れたので翌朝に撮影)。
f:id:ToshUeno:20150503055141j:plain
個室は残念ながら和式のみ。ブーツだと足(“脚”じゃないよ)が曲がらず前に体重がかけられないので、和式はキツイっす。ムリっす。

コインシャワー。
f:id:ToshUeno:20150502220810j:plain普段はほぼシャワーしか浴びない私ではあるが、キャンプ場まで来て、ちょっとこれは寂しすぎるので温泉に行った次第。

炊事場。
f:id:ToshUeno:20150502221137j:plain

「井戸水です 涸れます」
f:id:ToshUeno:20150502222015j:plain
シンプルかつ強いメッセージだ。漢字も、「枯れる」ではなく「涸れる」と正確な漢字を使っているところもさすがである。

 

暗闇に身を置くこと

楽しそうにはしゃぐ子供達の声が遠くから聞こえる。まるで祭の夜みたいだ。
f:id:ToshUeno:20150502204738j:plain
オートバイをサイトに移動させるときに少しだけ話したメインワーカーのおばちゃんが「今日は祭だ」と言っていた。それを聞いたときは何のことかよくわからなかったが、この賑やかさを「祭」と表現したのだろう。

はるか沖に灯る漁り火。青白い月明かり。かたわらで眠るマシン。
やわらかな風の音。子供たちの笑い声。
とてつもなく孤独で、この上なく幸せな夜は、どんどんと更けていく。

ときに暗闇に身を置くことも、人間は必要なのである。

  • 走行距離=316.9km
  • 平均燃費=17.7km/L

(つづく)