読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オートバイに乗り続けるために(2)

オートバイ 昔話

おっさん、大型二輪を買う (2007年1月)

あっさり大型二輪免許を取得した後、「スズキ ブルバード400」を買った上野の「太洋モータース」で、昔憧れ続けてついに手が届かなかった待望の大型二輪を購入した。

▼稀代の名車「SUZUKI Boulevard M109R (2006)」。f:id:ToshUeno:20070121101005j:plainタンクからリアカウルに伸びる曲線と、エンジン周りの”カタマリ感”がタマんないっス。 細部を見ると安っぽい所も、スズキっぽくて良・・・ま、そこは良くはないけど。

ブルバード400の時とは違って、M109Rの時は上野から乗って帰ってきた。アクセルを”クイッ”と少しひねるだけで”グオオォォン”って前に出る圧倒的なトルク感にビビったが、「ああ、これがオレが昔ずっと追い求めていた感覚なんだ」そう思うと、うれしくて仕方なかった。

 

2007年のツーリング

いま残っている写真を見ても、この年は全然たいしたところには行っていない。三浦半島とか、伊豆半島一周とか。

初めて南伊豆・石廊崎まで行った時、「こんなに遠くまで来て、無事に帰れっかな?」なんて思ってた(笑)。今から思うと我ながら微笑ましいが、それほど「旅の感覚」的なものがプアだったということだろう。

一度だけ実家(会津)に行ったこともあったが、なんとオートバイを撮った写真が1枚も残ってなかった。この頃はまだ、「風景とオートバイを撮って、後で見て楽しむ」ことにあまり喜びを見出していなかったようだ。ブログも書いてなかったしね。

現在も借りているガレージを見つけたのも、この年の5月頃だった。f:id:ToshUeno:20070614203554j:plain
当時も現在も、たかがオートバイ置き場に「10,000円/月」支払うのは稼ぎの少ない私には厳しいが、それでも川崎のこの辺の相場(コンテナタイプの場合:18,000~20,000円/月)からすると破格なのだ。

 

おっさん、オートバイを売る (2007年12月)

この年の1月に購入したばかりのM109Rだったが、12月には売却してしまった。理由は「マンションを購入しようと思ったから」(笑)。とあるマンション屋が自宅にセールスに来て、まんまとその口車に乗せられてしまったのだ。賃貸暮らしだと、老後が不安だしね。

この年はオートバイに加えてクルマもローンで買っていたので、「借金減らさないと銀行からカネ借りられませんよ」と脅されて、泣く泣く売ってしまった。

「バイク王」に持って行ったら、新車で「154万円」で買ったオートバイが、なんとたったの「85万円」。8,500kmぐらいしか乗ってなかったのに・・・ダメだね、バイク王は。

次に持って行った「モトソニック(現・バイクランド)」では、大枚「118万円」で買い取ってくれた。ちなみにその時買い取ってくれた「モトソニック西馬込店」は、その後あっという間にツブれ、「モトソニック」自体もブランド名を変えたり店舗数を減らしたりして何とか営業を続けているらしい。

やっぱり、「バイク王」みたいに「CMで知名度を上げる」かつ「安く買い取って高く売り付ける」ような運営をしないと、バイク買取屋は難しいのだろう。

それにしても、売る時ってのは、ホントあっけない。「心にぽっかりと穴が空く」ってのは、まさにこういうことだと思った。

 

そしてまたオートバイに乗らない時期が続く (2007年12月~2010年5月)

オートバイを売却したのが2007年12月中旬頃、それでも「まだ借金が多い」とマンション屋に言われて、2008年1月にはクルマまで売ってしまった。

「心にぽっかりと空いた穴」はさらに大きくなり、穴で心が”がらんどう”になってしまった。

そこでようやく気づいた。「オレに必要なものは、マンションじゃない」ということを(笑)。そりゃ、クルマもオートバイもマンションもまとめて全部買えるのなら、悩まずに済むんだけどね。

マンション屋の執拗かつ強硬な説得をハネ除けてマンションをキャンセルし、クルマを売却したその一週間後(2008年1月下旬)には、現在も乗っている「スカイラインクーペ (CKV36)」を半ばヤケクソで契約してしまった。こういう計画性の無さが、手元に金が残らない原因だとわかってはいるのだが・・・「バカは死んでも治らない」といった所だろうか。
まったく、ぼくはかわいいヤツだよ(©忌野清志郎)。

クルマはすぐに買い直したが、オートバイは買わなかった。自分にとっては”高級車”の部類であるクルマを買って支払がキツかったというのもあるし、「2ケツはしない主義」なので、「オートバイだと、かみさんと乗れない」、という思いもあった。

結局、その後2010年5月まで、約2年半近くオートバイを購入することはなかった。

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ