読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山陰(裏日本)に行こう

先日「海の日」の日経朝刊に、「山陰(裏日本)マスター*1」の私にとって興味深い記事が載った。

 

外国人、山陰に来て
最下位県、誘客に動く 自然・神話…資源は豊富

訪日外国人客(インバウンド)が最も少ない島根・鳥取両県が誘客に動き出した。外国人の訪問率は全国最下位クラス。新幹線のルートからは外れ、わずかな国際便が飛ぶだけなど一見すると不利な条件がそろう。

- 2015年7月20日 日本経済新聞朝刊

最下位県」だの「資源”は”」だのと、随分失礼な見出しである。島根・鳥取両県にお住まいの皆様は、さぞかしご立腹のことだろう。

 

山陰の観光資源:日経篇

日経の記事に挙げられていた観光資源は以下のとおり。

  1. サイクリング等で自然の観光ルートを巡る「ジャパンエコトラック」
  2. 出雲大社・松江城に代表される歴史的建造物
  3. イオン松江ショッピングセンター(笑)

3.は、境港にクルーズ船で大挙して押し寄せてきた中国人が「爆買い」していった、という今どきありがちなお話。

ジャパンエコトラック

私が特に興味を惹かれたのが▼こちら。

自転車・カヌー・ウォーキング・登山などで鳥取県の「境港・皆生・大山」地域を巡るこのツアーは、私のみならず、多くの人が”ソソラれる”のではないだろうか。f:id:ToshUeno:20150724120442p:plain出典:モンベル | ジャパンエコトラック、始まります! |

今ではすっかりチャリンコを毛嫌いしている私だが、 高校の頃は毎日往復30kmをチャリンコ通学していた”元”チャリンカーなのである。あの大自然の中を疾走するのはさぞやキモチイイだろう。

カヌーも、「山田純さんがオートバイにカヌーを積んでツーリングしている」ことを知ってから、

っとやりたいと思っている(思ってるだけでなんら具体的な計画はないが)。

登山は・・・あんまり興味はないかな。

料金は東京発で「69,800円~88,800円」。チャリンコもカヤックも貸してくれるようだから、「まずは体験してみる」には打って付けだろう。

でも飛行機で行くのはつまんないな。やっぱりクルマかオートバイで行きたい。「ANA抜き」のプランはないのだろうか。

 

山陰の観光資源:私篇

参加したこともない(予定さえ無い)「ジャパンエコトラック」の記事だけではアレなので、「山陰マスタ-」としてのオススメスポットも書いておく。

鳥取砂丘

ベタ過ぎてすみません。でもやはり、砂浜がこれだけ”丘状”になっている場所は他にないので。f:id:ToshUeno:20140914091133j:plain

ここ鳥取砂丘には、時間と体力に余裕を持って来ることをオススメする。この丘を登って降りて波打ち際まで行くには、それらがないと難しい。私は両方持ち合わせていなかったので、早々にあきらめた。f:id:ToshUeno:20140914091450j:plain

松江城

祝・国宝、松江城。

 

松江城天守は、平成27年5月15日の国の文化審議会において、国宝に指定するよう文部科学大臣に答申がなされていましたが、同年7月8日の官報告示により、正式に国宝に指定されました。

松江市:暮らしのガイド:松江城天守の国宝指定について

中央に写っている「お茶席」も(ありがちではあるが)インバウンドな皆さんにはウケるだろう。f:id:ToshUeno:20150502082052j:plain

弁天湯

メジャースポットだけでは”マスター”の称号が廃るので、鳥取県米子市にある昔ながらの銭湯をご紹介。f:id:ToshUeno:20140926194028j:plain

シャワーのお湯が”ちょろちょろ”だったり、ロッカーのカギが閉まらなかったりと、イマドキの入浴施設としてはかなりアレなのだが、それらが笑って許せるほど鷹揚な気持ちにさせてくれる”郷愁”漂う空間である。f:id:ToshUeno:20140926200607j:plain番台のおばさんは元気だろうか。とりあえず元気で、ずっと元気でいて欲しい。

自然

上述の「ジャパンエコトラック」は、「大自然を観光資源に」というコンセプトの元に作られた企画である。

結局最後は「自然」に戻ってしまうのだが、東北には東北の、北陸には北陸の自然があるように、山陰には山陰の自然がある。f:id:ToshUeno:20150502174140j:plainどこもみな同じようでいて、どこもみな確かに違うのである。

・・・と、いろいろ書いたが、今のところ今年は山陰に行く予定はない。

だって、遠いんだもん(笑)

 

*1:川崎くんだりから去年・今年で計3回行き、都合4泊(すべてキャンプ泊)しているので、じゅうぶん”マスター”だろうw