読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NETFLIXで「白い春」を観た

NETFLIX=フジテレビ系

Hulu」は資本関係もある日テレ系であるのに対して、「NETFLIX」は言わばフジテレビ系であり、その連続ドラマが多くラインアップされている。

特に、フジテレビ火曜22時の、いわゆる「関西テレビ枠」のドラマが多い

その中に、阿部寛ファンである私が、数年前好きだった連続ドラマがあったので、つい観始めてしまったら、止まらなくなってしまった・・・。

 

白い春

「白い春」は、2009年4~6月期にフジテレビ系で放送された連続ドラマである。全11話。

このドラマを、今日(2015年9月5日)一日をツブして、全部観た。いやぁ、1クール分のドラマを一気に観るってのも、けっこう疲れる(笑)。

白い春 Blu-ray BOX

白い春 Blu-ray BOX

 

「白い春」あらすじ

刑務所から出所した元ヤクザ・佐倉春男(阿部寛)は、偶然ひとりの少女・村上さち(大橋のぞみ)に出会う。その少女が、自分がスケープゴートになることで治療費を工面しようとした昔の恋人・高村真理子(紺野まひる)の娘とは知らずに。

その後、さちが真理子の娘、ひいては自分の娘だと春男は知るが、さちは生まれた時からパン屋の店主・村上康史(遠藤憲一)の娘として生活しており、「自分が本当の父親である」と言い出すことは決して許されない。

その姿は、あまりにも切なく、悲しい・・・。

「白い春」キャスト

阿部寛がとにかくいい。上述のとおり私は彼のファン、それもデビュー当時からのファンなので、どうしてもひいき目には見てしまうが、それを差し引いても、このドラマの彼の芝居はいい。

彼は濃い顔といいデカいタッパといい、強烈なビジュアルを持ちながら、日本の主役級の役者にありがちな「何をやっても『阿部寛』」ではない。刑事役をやれば「刑事」に見えるし、ヤクザ役をやれば「ヤクザ」に見える。そこが稀有だと思うのである。

子役の大橋のぞみもいい。表情だけで登場人物の感情を的確に表現できる、魅力的な女優だ。既に引退されてしまったのは残念だが、このドラマでは、すばらしい仕事をしてくれたと思う。勉強、がんばってください。

他にも、私が個人的に大好きな紺野まひる、がんばってはいるけれどもやっぱりいい人には見えない遠藤憲一、この頃はまだ新鮮な魅力に溢れていた吉高由里子、地味な役どころながら意外に芝居のうまい白石美帆など、決して「豪華キャスト」とは言えないが、ひとりひとりのキャストが、この悲しい話を支えている。 

http://ecx.images-amazon.com/images/I/81Gu1MQ6MyL._SL1500_.jpg
画像出典:Amazon.co.jp | 白い春 Blu-ray BOX

もし、まだ観たことがないという人には、ぜひ今すぐにでも観て欲しいドラマである。というのも・・・

 

今ならタダで観られるよ

NETFLIXでは「白い春」を始め、フジテレビ系で過去に放送された優れたドラマが、数は少ないが今ならタダで観られる(ま、元々はタダで放送されてたものだけど)。

私は解約せずに金を払い続けると既に決めているので、フジテレビ系ということで、個人的にはどうか「若者のすべて」をラインアップに加えていただきたいものである。

 

NETFLIXは、かなりイイ! 

先日の「やっつけ記事」でも書いたが、NETFLIXのインターフェースはかなり優れている。

さすが、「動画配信の巨人(©日本経済新聞)」である。PS3/PS4でテレビ/ビデオサービスを利用している人には、ぜひ一度試して欲しい。そのインターフェースの優秀さに驚くと思う。

日本ではHuluより後発で、動画数もまだまだ少ないが、これから動画数は充実していくだろうし、契約者数等でもあっという間にHuluを追い越すだろう。

Huluも負けずにサービス向上に努めて欲しい。今のところはまだ、解約するつもりはないので。

それにしても、映像制作だけでなく動画配信サービスの世界でも、この国はメリケンさんに勝てないのかねえ・・・

(以上、敬称略)