読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乗り降り方法が変わってるクルマを集めてみた(1)



先日、ヨタハチについて書いた記事に対して、

id:wakumasaさんからいただいたコメントの中にあった、ヨタハチの前身である「パブリカスポーツ」についての記述を読んで、

(言われてみれば、パブリカスポーツって乗り降りの仕方が変わってんなあ)
(そういうクルマを集めれば、お、これはいいネタになるかも)

と、仕事をサボりながら思いついた。

(いやでも、そんなのもうネットに溢れてるか)と、思いついた5秒後には気づいたのだが。

この記事▼は少し主旨は違うが、書きたいのは概ねこういうことだ。

これらの記事と若干かぶってはいるが、他にネタもないので今日はコレで行こう。

ちなみに、このGigazineの記事で挙げられている「ガルウイングドア」は、もはや特に珍しいものではないと思う。

 

パブリカスポーツ

まずは、件の「パブリカスポーツ」から。

もっとキレイな画像をネットからいくらでも拾えるが、あえて、トヨタ博物館のレストラン「AVIEW」のランチョンマット(代わりの紙) *1 をスキャンした画像を掲載する。f:id:ToshUeno:20140504013918j:plain
もちろんこのクルマは市販されたわけではなく、いわゆる「ショー・カー」である。f:id:ToshUeno:20151103094712j:plain
カラー写真は、そのショー・カーをトヨタ博物館が2014年に復元したもので、モノクロの方は1962年の「第9回 全日本自動車ショー」で公開されたときのもの。

ヨタハチと、このパブリカスポーツを比較して思うのは、「プロトタイプのカッコ良さが量産品に反映されないのは、昔も今も同じだ」ということ。
キャノピー型ドアだけじゃなく、ハチロクより薄く長いフロント部分が、飛行機っぽくてカッコいい。

ちなみに、トヨタ博物館では、画像のとおりこのキャノピー型ドアのクルマも「パブリカスポーツ」としているが、18年前に発行された「Nostalgic Hero:Vol.63 (1997.10)」には、このクルマは「UPスポーツ」と記されている。

当該雑誌によれば、2年後の「第11回 東京モーターショー」に出品された、フツーのドアに改められたクルマが「パブリカスポーツ」だそうだ。

大トヨタ直系の博物館か。稀代の旧車専門誌か。
はたして、正しいのはどっちだ。

 

ストラトス・ゼロ

このクルマも、もちろんショー・カーである。1970年11月のトリノ・ショーで、かのベルトーネによって公開された。f:id:ToshUeno:20110522133450j:plain
画像出典:ランチア・ストラトス - Wikipedia

このクルマの乗り方は本当に変わっていて・・・変わりすぎていて説明が難しいので、このクルマの子孫である稀代の名車「ランチア・ストラトス」について解説したWikipediaのページから引用して記す。

 

この車では乗降用のドアはフロントガラスを兼ねたハッチとなっており、フロントに貼られた「LANCIA」のロゴ部分を開閉ノブとしてハッチを開け、上下可動式のステアリングコラムを前に跳ね上げてから前部の黒いマット部分を足場として乗降するという風変わりなものであった。

- ランチア・ストラトス - Wikipedia

私は、日本の片田舎である会津という土地に生まれ育ったが、ガキの頃からこのクルマは知っていた。なぜなら、このクルマのミニカー(1/32ぐらいの縮尺のヤツ)を所有していたからである(※残念ながら、現在手元にはない)。

今思い出せば、この鋭角過ぎるボディは再現されていなかったが(もっと丸っこかった)、ドア・ハッチとエンジン・フードが開閉するギミックはちゃんと実装されていた。 

親にねだって買ってもらったのか、はたまた誰かにもらったのかはまったく覚えていないが、小学校に上がる前(1973年以前)には持っていた記憶がある。当時は、「モーターショー」なんてものは知らなかったし、「コンセプトカー」なんて概念も、もちろん知らなかった。
実家のクルマは「トヨタ・コロナ」であり、このクルマは、「空想の乗り物か何か」と、ずっと思っていた。

ちなみに、スーパーカーブーム(笑)は、そのミニカーを初めて手にした、約5年後のことである。

もし、会津若松市のデパート(今は亡き「会津中合」)で私が親にねだったのであれば、われながらそのセンスを褒め称えたいし、両親か親戚の誰かが土産で買ってきてくれたものであれば、そのセンスに脱帽するしかない。

はたして、真実はどっちだ。
もう、誰も知る由もない。

(つづく)

 

*1:去年(2014年)の4月に当該博物館に行ったとき、私が喜々としてクルマの写真を撮りまくっている間、ソッコー飽きたかみさんが、ひとりでカレーを食いに行ってゲットしたもの