読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「なんだかなあ」と阿藤快さんを悼む

哀悼

阿藤快さんが亡くなった。享年69歳。

を謳歌していない私からすれば、「69歳まで生きればじゅうぶんか」とも思うが、平均寿命でさえ80歳を超える現代においては、「まだ69歳」なのだろう。

デイリースポーツの記事によれば、

 

13日夜には、電話でスタッフと仕事の打ち合わせも行っていた。

だが15日に仕事先に姿を見せないことから、スタッフと家族に連絡を取り、自宅を訪れ、ベッドに横たわって亡くなっているのを発見した。

発見したスタッフによれば「苦しんだ様子もなく、快さんと呼びかければ起き上がりそうだった。眠ったまま亡くなったようだった。部屋のカーテンも閉まったままでした」という。

- 阿藤快さん死去、69歳 自宅で発見/芸能/デイリースポーツ online

11月13日の夜まではお元気で、15日に亡くなっているのが発見された、とのことなので、ほぼ「突然死」に近い形で亡くなったのだろう。「苦しんだ様子もなく」「眠ったまま亡くなった」というのは、こう言ってはなんだが、「理想的な死に方」だと思う。

きっと、「なんだかなあ」と独りごちながら、静かに息を引き取ったのだろう。

 

「野獣死すべし」でのエリート役

「阿藤快、ついこの前、何かに出てなかったっけ?」と思ったら、「下町ロケット」第1話に、うだつの上がらない弁護士役で、いつもの「阿藤快節」で出演されていたのを観たばっかりだった。

阿藤快さんと言えば、やはり私は一連の松田優作主演作に、脇役として出演されていた印象が強い。

特に、稀代のハードボイルド映画「野獣死すべし」で、およそ東大出身のエリートには見えないのに(すみません)東大同窓生の食事会を仕切り、そこでウエイター役の鹿賀丈史と丁々発止のやり取りをするシーンが、とても印象に残っている。 

野獣死すべし 4K Scanning Blu-ray

野獣死すべし 4K Scanning Blu-ray

 

しかし何万回見ても、このスチルはたまらんですなあ・・・
 
f:id:ToshUeno:20151117002355j:plain

 

名脇役としての生き方

Wikipediaで出演されたテレビドラマを確認したら、「太陽にほえろ!」だの「西部警察」だの「特捜最前線」だのと、1970~80年代の傑作刑事ドラマに何度かクレジットされている。そのひとつひとつを覚えているわけではもちろんないが、おそらく、ほとんどが「悪役」としての出演だろう。

その大柄な体格とイカツい容貌から、若い頃は悪役が多かったと思うが、いつの頃からか、ひょうきんな役どころを得意とするようになっていた。
ご本人にどのような転機があったのかはわからないが、あえてケレン味たっぷりに演じる芝居に思わず吹き出してしまうこともあったし、「あの顔を見たり、あの声を聞くとなぜかほっとする」という人も多かったのではないか。

私も、そのひとりだった。
またひとり、好きな役者さんが亡くなってしまった。

まずは、心から阿藤快さんのご冥福をお祈りいたします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ