読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スカイラインクーペ:6ヶ月点検 (2016/03/26)

クルマ

日産のラインナップからは既に抹消された、悲運の車「スカイラインクーペ (CKV36)」の6ヶ月点検に行ってきた。 



 

潮風にちぎれて → みちのくひとり旅?

愛車スカイラインクーペ (CKV36) の純正ナビには、音声操作機能が付いている。ナビにダビングした曲は、音声操作による「曲名で探す」等のコマンドで呼び出すことができる *1

先日乗ったとき、ユーミンの佳曲「潮風にちぎれて」が聴きたくなった。「荒井由実」から「松任谷由実」名義に変わってから発売した最初のシングル曲だが、なぜかオリジナルアルバムには収録されていない、隠れた名曲である。

   かわいい彼女のこと

   これから自由に愛しなさいよ

   潮風にちぎれて 松任谷由実 - 歌詞タイム

このサビ終わりから、間奏に入るパートのアレンジがすばらしいのである。私的には「自動車評論家」だと認識している、ユーミンの旦那さんがいい仕事しているのである。閑話休題。

ステアリングホイールに装備されている「音声操作」ボタンを押して・・・

  • 私 :「曲名で探す」
  • ナビ:「キョクメイ デ サガス」 ピッ
  • 私 :「潮風にちぎれて」
  • ナビ:「ミチノクヒトリタビ」 ♪チャ~ラララ~ラララ~

決して、ここで一緒に死にたくはないのである。滑舌が悪いのは自認しているが、「シオカゼニチギレテ」「ミチノクヒトリタビ」いくらなんでも全然似てねえじゃん(笑)。

この話をかみさんにしたら、バッサリとヒトコト言われてしまった。

「そのエピソードよりも、『みちのくひとり旅』をクルマに (カーオーディオに) 入れてる方が全然笑えるわ」

ま、確かにおっしゃるとおり。ちなみにリソースはこちら▼。

青春歌年鑑 1981  TOCT10731

青春歌年鑑 1981 TOCT10731

  • アーティスト: オムニバス,近藤真彦,田原俊彦,松田聖子,山本譲二,堀江淳,寺尾聰,竜鉄也,イモ欽トリオ,松山千春,都はるみ
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2000/11/22
  • メディア: CD
  • クリック: 14回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

ああ、青春の日々(ちなみに1981年当時、私は中二であった)。 

 

通算?回目の点検

そんなオチャメなカーナビを装備した、スカイラインクーペ (CKV36) の6ヶ月点検に行ってきた。点検は通算何回目だろう?購入してもう9年目になるから・・・ま、いいや *2

点検に行くとまず営業さんに

  • 「どこか気になる点はございますか?」

的なことを聞かれるのだが、まさか

  • 「『潮風にちぎれて』って言ったら『みちのくひとり旅』って認識されました」

とはコッパズかしくて言えないので、「冬場(先日『ツインリンクもてぎ』に行ったとき)にエアコンの効きが悪かった」ことだけ伝えておいた。 

toshueno.hatenablog.com

 

神奈川日産・川崎元木店 2016年3月26日の展示車

セレナ

うーん・・・特にコメントはない。f:id:ToshUeno:20160326103557j:plain

インテリアも含めて改めてじっくり見渡してみたが、去年「試乗」したとき▼以上の感想はなかった。 

toshueno.hatenablog.com 

エクストレイル

今やすっかり見慣れた現行「エクストレイル」だが、この色(キャニオンブロンズ)はキレイだ。f:id:ToshUeno:20160326105754j:plain

ノート

これまた見飽きた「ノート」だが、この色(バーニングレッド)のノートは初めて見た気がする。日本人は無難な色を選びがちだからね。f:id:ToshUeno:20160326105814j:plain
去年見たヤツのシート地はヒドかったが、今回のはまともだった。ブラウンの部分が合皮で、ベージュの部分はジャカード織なのだが、かなりしっかりとした印象を受けた。f:id:ToshUeno:20160326105900j:plain

www2.nissan.co.jp

販売台数ランキングに驚く

以上、展示車(軽自動車は除く)のラインナップが、去年の3台とまったく同じだった。

toshueno.hatenablog.com 

日産では以上の3車種のみが販売台数ランキングの上位に入っているので、とくに決算期にはこの3車種を推していくしかないのだろう。

ただ、この▲「新車乗用車販売台数月別ランキング」を見ていて驚いたのは、あの「リーフ」が2016年1月・2月ともに28位にランクインしていることだ。バッテリー容量が増えて航続距離が伸びたことが大きいと思われるが、これは画期的なことではないだろうか。

 

初めて「iPad Pro」をお外に持ち出す 

というわけで展示車のラインナップが予想どおりショボかったため *3 ソッコー飽きて、
f:id:ToshUeno:20160326104136j:plain

去年11月末に買ってから、約4ヶ月後にして初めて外に持ち出した「iPad Pro」で・・・ 

toshueno.hatenablog.com

ブログを書いていた・・・
f:id:ToshUeno:20160326105225j:plain
というのはウソで、この「iPad Pro+Smart Keyboard」は使いにくくてしょうがないので、1行で書くのをヤメてしまった。で、ほとんど新聞を読んでいた。「Smart Keyboard」、もうちょっと使えると思ったんだけどなあ・・・。

 

恒例の納品請求書

相変わらず文字が見にくい、納品請求書。いったいいつになったら、この低スペック・プリンタをリプレースするのだろう。 

f:id:ToshUeno:20160326111306j:plain

  • エアコンのフィルター=5,076円

はともかく、

  • 泡ピカ洗車撥水コート3ヶ月プラス=3,240円

については、(たかが洗車で3千円ちょっとかあ・・・)とは思ったが、見ている限り *4 、かなり時間をかけて丁寧に洗車してくれていた。しかも2人がかりで。その人件費に加えて、商品名のとおり「3ヶ月撥水コート」だそうなので、「値段相応」ということでナットクしておこう。

 

で、次期スカイラインクーペは?

冒頭に書いたとおり、現行のラインナップから「スカイラインクーペ」は既に消えているわけで、「それがいったい何を意味するのか?」は、現時点ではまだ何とも判断のしようがないわけだが、「スポーツ&スペシャリティ」に属するのが、一般庶民にはおいそれとは手が出せない「GT-R」と、二人乗りの「フェアレディZ」の2車種しかない現状は、いかにも寂しすぎる。

www.nissan.co.jp

営業さんに聞いたら、「次期スカイラインクーペは『出る』というウワサもある」そうだ。でもまだ「あくまでウワサレベル」とのこと。販売の現場までは、正確な情報は下りてきていないようだった。

新車販売台数ランキングにはヒャクパー顔を出すことのない「スカイラインクーペ」を、日産の上層部はどう考えているのだろうか。その答えを早く知りたいものである。

 

*1:今日日めずらしい機能でも何でもないが、いちおう前置きとして説明

*2:去年の記事によれば「6ヶ月点検」だけなら今回で8回目

*3:(もしかしたら「スカイライン」あるかなあ)という淡い期待は案の定裏切られた

*4:洗車の様子だけは店内から見ることができる