読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャーナリスト竹田圭吾氏の賞賛記事に対するコメントが秀逸という話

社会


 

竹田圭吾氏を賞賛する記事

一昨日(2015/12/20)も「Mr.サンデー」に出演されていて、昔と変わらぬ滑舌の良い元気そうな話し振りとは対照的な、痛々しいほどに痩せ細った姿を見せていた竹田圭吾氏。 

昨日の話を書くにあたっていろいろニュースを検索していて、たまたま、ある記事▼を見つけた。

記事では、2015年9月27日放送の「Mr.サンデー」で自らがん患者であることを告白した竹田氏に対して、こう評している。

 

今回の「Mr.サンデー」でのカミングアウトは勇気のある決断であり、がん患者ならではの説得力のある訴えだった、と視聴者に受け止められている。

- ジャーナリスト竹田圭吾、がんとカツラを告白 ネットで「なんてかっこいい人だろう」「負けないで欲しい!」: J-CASTニュース

「がん患者ならではの説得力のある訴えだった」はまあわかるが、「カミングアウトは勇気のある決断」というのはよくわからない。

あれだけ痩せ細っているのだから、がん(またはそれに類する病気)を患っているのは普通の大人なら見てわかるだろう。

また、あの姿でテレビに出演するのだから、視聴者に何らかの説明するのは「責務」とまでは言わないが至極当然のことだと思うし、少なくとも賞賛するようなことではないと思う。

そして、J-CASTニュースの記事では、視聴者が賞賛している根拠として、掲示板やツイッターのコメントを引用している。

 

「竹田圭吾さんガンでカツラとカミングアウト、強い人だな」
「勇気あるピュアな男なんだと見直した」
「〔前略〕これまでも思ってたけど、なんてかっこいい人なんだろう」

- ジャーナリスト竹田圭吾、がんとカツラを告白 ネットで「なんてかっこいい人だろう」「負けないで欲しい!」: J-CASTニュース

(「ピュアな男」ってなんだよ(笑) 「ピュア」の意味わかってんのか?)
(ああいう姿をテレビで晒すのがカッコいいっていう感覚はわからんなあ)

なんて思いながら何気なくコメント欄に目を通したら、一番最後に、実に秀逸なコメントが載っていた。

「なるほど、オレの違和感はこういうことだったのか!」とあまりに合点がいったので、全文を引用する。

 

「声なき声」を代表する秀逸なコメント

 

なんだかなぁ 2015/12/ 9 11:54

6人に1人は一生に1度何かしらのガンを発症する世の中だそうで、ガンを患っておられる方は意外と多くおられる訳ですが、メディアに縁の無い大半の方々は、人知れずガンと戦っております。

僕も科学療法を開始すると3週間前後でみすぼらしく脱毛しましたが、ガン治療は保険診療でも10万・20万とか高額で、鬘なんか作りませんでした。免疫療法とかやってる著名人もおられますが、お金が無ければ手が出せませんし、うらやましい。

それでいて称賛とかかっこいいとか、なんだかなぁって感じ。

抗癌剤って投与重ねると手足の痺れがずっと続くし、頭痛や吐き気、倦怠感も激しいから、竹田さんも早く快方に向かって欲しいと、心からお祈り致します。

- ジャーナリスト竹田圭吾、がんとカツラを告白 ネットで「なんてかっこいい人だろう」「負けないで欲しい!」: J-CASTニュース : コメント欄

このコメントを書いた人も「ちょっと言い過ぎたかな」と思ったのか、最後は無難な形でまとめているが、できればもっと本音を書いて欲しかった。

つまりこの人が言いたいのは、

  • がんを始めとした難病と闘病することは特別なことではない
  • 一般庶民は治療費を支払うだけでも大変なのだ
  • 有名人というだけで闘病が賞賛されるのは、おかしな話である

ということなのだ。

誤解の無いよう念のため書いておくが、別に竹田氏を批判したいのではない。
ツイッターや掲示板に何を書くのも自由だ。

ただ、「がんと闘っている無名の庶民なんていくらでもいる」ということに気を配らずに、「有名人が闘病してる」ってだけで必要以上にチヤホヤするのは、「思慮が浅い」というか、「視野が狭い」というか・・・。

要は、「的外れな賞賛記事によって、心を痛める人もいる」ということを忘れてはいけないのである。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ