読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Huluで「蘇える金狼」を見た

これもまた同じHulu

Huluはすばらしい。

「蘇える金狼」も「野獣死すべし」も、リーズナブルな定額料金で見放題である。
さらに、「俺達に墓はない」「人間の証明」「探偵物語(映画)」、果ては遊戯シリーズの代表3作まで、すべて見放題である。

このすべてをDVDで揃えたら・・・調べるのも計算もめんどくさいからしないけど、まあおそらく結構な金額である。

松田優作

私が最も尊敬し、最も愛する役者である。

呼び捨てなんてとんでもないことなのだが、この人に”さん”付けはどうもしっくりこないので、あえて敬称略にする。

不世出の役者である。

決して、いいオトコではない。
だが、どんなにキレイな顔をした役者でも、この人のようにはなれないだろう。

テアシが異常に長い。
今日日の役者には、いくらでもテアシが長い人はいくらでもいるが、やはりこの人のようにはなれないだろう。

この国には、二度とこんな役者は現れない。

なぜなら、この人の生い立ちそのものが、この役者のすべてをカタチ作っているからである。
こんな、永遠に平和ボケした(いや、「平和ボケ」はこの上なくすばらしいことなのだが)この国には、こんな人間は育ちようがないからである。

コメディ?

命乞いするヤクザに対して、子供に言い聞かせるように「ダメ!」って言ったり。
盗聴してるシーンで、周囲に気づかれないよう、音楽を聞いてるフリしてバブル人形みたいに首を振ったり。

クスっとするシーンの数々が、ただのアクション映画ではない、角川映画全盛期のエンターテインメントなのである。

スーパーカー

  • マセラティ・メラク
  • ランボルギーニ・カウンタック

スーパーカーブーム世代(笑)としては、ちょいちょい登場するスーパーカーを見るのも楽しい。
”ボーラ”じゃなくて”メラク”ってあたりが、「ツウだねえ」と思わせる。

亡くなった人達

  • 成田三樹夫さん
  • 小池朝雄さん
  • 岸田森さん
  • 佐藤慶さん

この映画には、今はもういない、ステキな役者さんがたくさん出ている。
中でも、佐藤慶さんは私と同郷・会津出身である。シブイ役者だった。

そして、

  • 松田優作

本当に惜しむらくは、この不世出の役者の、年老いてから(生きていれば今年66歳)の芝居を見たかった。

それが、心から残念でならない。

主題歌:前野曜子

主題歌もすばらしい。この主題歌レコードを買ったウチの兄貴はセンスがいい。

f:id:ToshUeno:20150404002540j:plain

この稀代の歌い手も、若くして亡くなってしまった(満40歳没)。

みんなのシネマレビュー

最後に、12年前にココ↓に書いたレビューを掲載。

蘇える金狼(1979) - みんなのシネマレビュー

ラストの、空港を歩く優作の後ろ姿だけでも見る価値あり。優作好きならね。正しいタイトルは「蘇る」じゃなくて「蘇える」ね。国語的にはあってるんだけど。

【TSH】さん 7点(2003-01-05 03:22:53)

ちなみに、最初の一文だけを書きたかった。後はタダの付け足し。
当時間違っていたタイトルは、いつの間にか修正されていた。

なんで「7点」にしたのかは、まったく覚えてないのだが。

あなたがもし、「松田優作」を知らなかったとしても、このラストシーンだけで、この役者のスゴさがわかるだろう。f:id:ToshUeno:20150403235100p:plain