読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週のお題特別編「嬉しかった言葉」

昔話 生活

今週のお題特別編「嬉しかった言葉」
〈春のブログキャンペーン ファイナル〉

http://f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hatenablog/20150422/20150422143557.jpg

「うれしかった言葉」なんてまったくもって思い浮かばないのだが、せっかく前回まで3週書いたのにここで途切れさせるのもなんか悔しいので、ムリヤリ書く。

ガキの頃の「うれしかった言葉」

ガキの頃ならいくつか覚えている。

私は幼少期に病弱だったせいか運動神経が悪かったので、「体育」関連でホメられると異常にうれしく、よって、今だに覚えている。

  • がんばって跳び箱が跳べるようになったとき
  • 放課後も残ってスキーの練習をして、パラレルターンができるようになったとき

当時の先生たちは「最後までよくやったな」「おまえが一番がんばってたぞ」とホメてくれた。

40年近く経った今でも、言われたときの光景ははっきりと覚えている。

オトナになってから

ガキの頃に対して、オトナになってからは何もない。本当に思いつかない。懸命に生きていたガキの頃に対して、なおざりに生きているからだろうか。周囲の人達と真摯に関わっていないからだろうか。

こんな歌を思い出す。

しづやしづ

しづのをだまき くり返し

昔を今になすよしもがな

「あの昔を今にとりもどす”すべ”はないものか」と。

ブログのコメント

そんな情けない私ではあるが、このブログに数名の方々からいただけるコメントには、いつもよろこびを感じている。「女が喜ぶ」と書いて「嬉しい」だが、男が喜んでも嬉しいのである(なんのこっちゃ)。

大変ありがたいことだ。 

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。