読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「クラシックカー・コレクション」でクラシックなBMWにホレる

クルマ テレビ

「TPPって、なんかいいことばっかり言ってるけど、ホントのところはどうなんだろう」と、それについて書いてみようかと思ったが、「コムズかしい問題について、コイチ時間で付け焼き刃的なことを書いてもなあ」と、逡巡していた。

で、ボケッ~とスカパー!の「ディスカバリーチャンネル」を見ていたら、

クラシックカー・コレクション(原題:Chasing Classic Cars)」でステキなクラシックカーを取り上げていたので、これをネタにしよう。

ま、このクルマについてはよく知らないので、結局は付け焼き刃なんだけど。

なお、「クラシックカー・コレクション」については、こちら▼の記事を参照していただけると幸いです。

 

BMW 507

 

BMW・507とは、ドイツの自動車メーカー・BMWが1956年から1959年まで製造していたスポーツカーである。

チューニングした502用3,200ccエンジン搭載。
安価を目指したが、開発費が嵩んでしまった結果、メルセデス・ベンツ・300SL並の高価格車とならざるを得ず、販売不振によって短期間のうちに製造中止。総生産台数は252台とごく少なく、BMWの経営不振を招いた。

BMW・507 - Wikipedia  ※一部省略

「クラシックカー・コレクション」のウェイン・カリーニ氏によると、かつては「フェラーリのカブリオレ (275GTBとか?)」の4分の1ぐらいの価格で入手できたらしいが、近年は相場が急騰し、オークションで、200万ドル以上で落札されたこともあったらしい。

フロントからリアに流れる、優雅な曲線が美しい。
f:id:ToshUeno:20151006000525j:plain画像出典:ディスカバリーチャンネル「クラシックカー・コレクション

トランク・リッドの曲面も見事だ。f:id:ToshUeno:20151006000721j:plain画像出典:ディスカバリーチャンネル「クラシックカー・コレクション

そして、ちゃあんとキドニー・グリルになっている。f:id:ToshUeno:20151006000435j:plain
画像出典:ディスカバリーチャンネル「クラシックカー・コレクション

「こんなクルマ見たの初めてだなあ」「昔のBMWにも、こんなキレイなロードスターがあったんだ」なんて思いながら見ていたのだが、写真を撮りながら何度も見ていたら、ふと思い出した。

 

実は、所有していたのだ

1/43サイズだけど。

f:id:ToshUeno:20151006001927j:plain
3.11」のときの大きな揺れで、飾っていたアクリルケースごと床に落下したので、サイドボードの奥の方にしまい込んでいて、すっかり忘れていたのだ。

このミニカーは、10年以上前に日本市場から撤退した「デル・プラド」って出版社が、14年ほど前に発売していた「カー・コレクション」って一連のシリーズの付録のひとつだが、実車(と言ってもテレビ越しに見ただけだけど)の優雅な曲線が、ほとんど再現されていない。

ただ、デカいタイヤはちゃんと再現されていて、「このクルマ、昔にしちゃタイヤでけえなあ」とずっと思っていたのだが、ウェイン・カリーニ氏が

「とくにイイのが、ホイールとタイヤです。細いけれど大きくて、クルマをクールに見せてくれます。」

と、ちゃんとおっしゃていた。

まあこんな出来の悪いミニカーじゃなくて・・・

▼日本にも、ちゃんと実車を所有している幸せな方がいらっしゃるようだ。

幻のロードスター、BMW 507

うらやましいッス。